地方本部・支部の活動
Home > 地方本部・支部の活動
地方本部・支部の活動

地方本部・支部の活動

茨城支部が大津漁協に「安全運航・安全操業」の看板を設置

 大津漁港は、先の東日本大震災において、震度6強の地震と4.6mの津波に襲われ、茨城県の漁港では最大の被害を受け、言うまでもなく大津漁業協同組合の建物も全損しました。被災から随分と時間がかかりましたが、ようやく昨夏新たな漁協の建物が完成したこともあり、建物と共に流されてしまった「安全運航・安全操業」の看板を、公益財団法人海上保安協会茨城支部が作成し、平成28年10月26日設置しました。
 看板は、材質がアルミ複合板3mmラミネート加工品とし、縦750mm×横3200mmの板を2枚、その表面にインクジェットプリントによる「安全運航・安全操業」の文字を印刷しました。
 設置当日は、茨城海上保安部の担当者及び漁協関係者などが看板をバックに記念撮影を行いました。【茨城】

   
「安全運航・安全操業」看板設置状況
              「安全運航・安全操業」看板設置状況
「安全運航・安全操業」看板 「安全運航・安全操業」看板をバックに記念撮影
「安全運航・安全操業」看板 「安全運航・安全操業」看板をバックに記念撮影

↑ page top ↑