俳句コンテスト
Home > 海上保安協会 >俳句コンテスト
海上保安協会

第1回「海上保安の日」俳句コンテスト

第1回「海上保安の日」俳句コンテスト各賞発表

 海上保安庁は昭和23年5月の創設以来、日本の海の平和と安全を守ってきました。海上保安庁の創設を記念して、初代長官である大久保武雄氏が庁舎屋上に海上保安庁の旗である庁旗を初めて掲揚した5月12日が「海上保安の日」と定められ、この日を初代長官大久保武雄氏が俳人(俳号;橙青(とうせい))であったことにちなみ、第1回「海上保安の日」俳句コンテストを開催いたしました。
 応募部門を一般の部と高校生以下の部、応募期間を令和元年12月12日(木)〜令和2年3月12日(木)までの3か月間として募集し、一般の部5,314句、高校生以下の部478句、総数5,792句の投句がありました。これを10名の選者が選考し、大賞各部門3句(橙青賞、海上保安庁長官賞、海上保安協会会長賞)、特選各部門6句、佳作35句(一般の部15句、高校生以下の部20句)が決定しましたので、お知らせします。
<選者>  大久保 白村  審査委員長、(公社)日本伝統俳句協会顧問
        稲畑 汀子  (公社)日本伝統俳句協会会長
        大串  章  (公社)俳人協会会長
        中村 和弘   現代俳句協会会長
        有馬 朗人   国際俳句交流協会会長
        冨士 眞奈美  俳人、女優
        夏井 いつき  俳人
        岸 ユキ    海上保安友の会理事、女優
        稲畑 廣太郎 (公財)海上保安協会評議員、(公社)日本伝統俳句協会理事
        佐藤 雄二   元海上保安庁長官、前(公財)海上保安協会理事長

一般の部

橙青賞
 防人の妻恋ふ歌や海保の日     栃木県   平岡 丈子

海上保安庁長官賞
 脈々と正義仁愛海保の日      北海道   古田  勇

海上保安協会会長賞
 甲板の風も夏めく海保の日     埼玉県   太田 野風

特選
 炎天に真白き勇姿巡視船      宮城県   鈴木  大
 海保の日青春の色海に似て     神奈川県  吉田 洋和
 荒海の航海日誌海保の日      東京都   柴崎 英子
 穢れなく海山蒼き海保の日     東京都   柴崎 桃英
 沖見えぬ日も沖はあり海保の日   千葉県   八川 信也
 星が掴めさう海上保安の日     大阪府   椋本 望生

佳作
 倭人伝とじて海保の日に憶ふ     大阪府  丸山 一雄
 心して海と向き合う海保の日     和歌山県 森元 正仁
 海保の日救助に殉ず人想ふ      神奈川県 松永 朔風
 海保の日浮き灯台は起立せり     熊本県  菅原  潔
 海保の日万古の海を守り抜く     東京都  鮎川 郁夫
 「海保の日」日本列島晴れ渡る     愛媛県  稲井 達夫
 梅実り海上保安の日来る       神奈川県 渡邉 晃久
 海保の日星のひとつはマスト灯    静岡県  伊古田 秀夫
 黒南風や波の彼方に巡視船      千葉県  尾坂 真弥
 海保の日白き航跡太太と       埼玉県  松岡 智枝子
 尖閣は怒濤の海や海保の日      埼玉県  塩沢 雄蔵
 海保の日灯台守の悲話をふと     和歌山県 川口  修
 海愛し人を愛して海保の日      宮城県  渋谷 史恵
 陸(くが)にはなき日本国境海保の日     千葉県  藤埜 まさ志
 夏の海剣のように巡視船       長崎県  永田 七郎

1 | 2  次へ




↑ page top ↑