事業概要
Home > 事業概要 > 海外海上保安機関との連携・協力/海賊対策
事業概要

海外海上保安機関との連携・協力

東南アジア海上保安機関の能力向上啓発

平成27年度能力向上啓発セミナーの実施について


    1. 目的
  •  中東・ヨーロッパを結ぶシーレーン(海上輸送路)は我が国の生命線と言っても過言ではなく、その海上交通の安全確保は、国民の安全・安心に直結しているところ、本来的には、同シーレーンの沿岸国が自国管轄海域において適切に法執行活動等の海賊対策を実施しなければならないが、同沿岸国の海上保安機関の能力は均一ではなく、各国の現状を踏まえた内容について支援・協力していくことが必要である。このような実情を踏まえ、各国海上保安機関の現状や同機関が支援・協力を求める分野等を勘案し、同沿岸国に対し効果的な支援・協力を行う。 また、日本関係船舶に対する海賊事案発生時には、情報共有や効率的な事案対処のため、同沿岸国海上保安機関と緊密な連携が必須であるところ、上記支援・協力の実施にあわせ、連携協力体制の構築・促進に努める。
     これら取り組みを行うことにより、我が国海上輸送路の安全を確保する。

  • 2. 派遣巡視船、派遣国、寄港日時等
  •  海上保安庁が各国に派遣中であった巡視船及び同船乗組員等の協力を得て、以下の寄港日時・場所、参加機関により研修、訓練を実施した。
    (1) 第1回派遣(巡視船やしま)
       @ フィリピン共和国
         平成27年5月3日(日)〜7日(木)
           5日間 マニラ沖
         フィリピン沿岸警備隊(PCG)
       A ベトナム共和国
         平成27年5月10日(日)〜14日(木)
           5日間 ダナン港
         ベトナム海上警察(VCG)
    (2) 第2回派遣(巡視船えちご)
       @インド共和国
         平成28年1月12日(火)〜16日(土)
           5日間 チェンナイ港
         インド沿岸警備隊(ICG)
       Aシンガポール共和国
         平成28年1月21日(木)〜24日(日)
           4日間 シンガポール港
         シンガポール警察沿岸警備隊(SPCG)

  • 3. 実施内容
  •   第1回目のフィリピンにおいては、日比両機関の巡視船及び航空機が参加し、海賊補足訓練及び海難対応訓練を実施、ベトナムにおいては、やしま乗組員の指導により海上法令執行や海賊対策等にかかる各種研修を実施した。また、第2回目は、インドにおいて航空機相互離発着訓練及び吊り上げ救助訓練等を実施、シンガポールにおいては、海賊制圧訓練及び負傷者搬送訓練を実施した。
      なお、第2回目えちごのインド〜シンガポール間の航海において、ICGの職員2名に対する乗船研修を実施し、日印両機関職員の積極的かつ真剣な対応により、相互理解を一層深めることができた。






↑ page top ↑