事業概要
Home > 事業概要 > 普及啓発/海峡ドラマシップ
事業概要

普及啓発

海上保安庁音楽隊地方公演


 ● 海上保安庁音楽隊は、令和2年2月2日、宮城県多賀城市の多賀城市民会館において地方公演を行いました。
 「3.11伝承コンサート〜いのちを守るために何をすべきか〜」と題して海上保安庁音楽隊の演奏会では初の複合イベントとして実施した今回の公演のオープニングでは、吹奏楽で有名な作曲家フィリップ・スパークが震災直後に復興支援のために作曲した「陽はまた昇る」を演奏しました。その後、震災を経験された方々から震災時のお話をしていただきました。
 第1部では、海上保安庁音楽隊により4曲を演奏し、その後、第1部の最後で特別ゲストとしてお招きした歌手で俳優のさとう宗幸さんに海上保安庁音楽隊の演奏に合わせて「青葉城恋唄」を披露して頂きました。
 第2部では、コンサート中の地震発生を想定し、会場の全員で「シェイクアウト訓練(そのときにいる場所で地震が発生したと想定してとっさに身を守る訓練)」を行いました。その後、多賀城高等学校吹奏楽部との合同演奏で「花は咲く」など4曲を演奏しました。「花は咲く」では、さとう宗幸さん、多賀城高等学校の皆さん、会場のお客さんで合唱をし、会場全体が一つになりました。
 会場の一角には海上保安庁をはじめとする防災関係機関による震災当時のパネル写真を展示し、東日本大震災の教訓を生かして来場者の防災意識の高揚を図りました。


海上保安庁音楽隊の演奏 特別ゲストのさとう宗幸さん
海上保安庁音楽隊の演奏 特別ゲストのさとう宗幸さん
会場一体となってシェイクアウト訓練を実施 多賀城高等学校吹奏楽部との合同演奏
会場一体となってシェイクアウト訓練を実施 多賀城高等学校吹奏楽部との合同演奏
「花は咲く」で合唱する多賀城高校のみなさん
「花は咲く」で合唱する多賀城高校のみなさん





↑ page top ↑